ハクビシン駆除のことならプロにお任せ!スマートに解決

食べ物に寄ってくる

害獣

戦後、その数が急増したと言われているハクビシンは、山を下りて人家に住み着くことが多くなっています。山に食料が少なくなってしまったために降りてきてしまうことが多く、農作物や自宅に置いてある食料を荒らされたという報告があげられています。このことから分かるように、ハクビシンはエサとなる食べ物があるところへ現れます。一度自宅に住み着いてしまうと糞尿や騒音など様々な被害に悩まされることになりますので、自宅周辺にエサとなりそうなものが置かれていないか確認することをおすすめします。例えばペットを庭などで飼っている場合、おやつやエサの残りが置きっぱなしになっているとハクビシンが寄ってくることになります。生ごみを夜の間に外へ置いておくのも、ハクビシンに狙われる可能性があります。自宅近くでハクビシンを目撃するようなことがあれば、これらのことに注意して改善してみましょう。また、身軽な動物であるために、自宅のちょっとした隙間から入り込んでしまうことも考えられます。一度、自宅周辺で動物が出入りできそうな穴はないか確認してみるのもよいでしょう。もし、そのような隙間があった場合には、できる限り塞いであげることによって動物が住み着いてしまうのを防ぐことができます。このような対策をとる前に住み着かれてしまった場合には、専門の業者にハクビシン駆除を依頼しましょう。ハクビシン駆除を自力するためには、申請が必要であるために2週間から4週間もの時間が掛かることがあります。ハクビシン駆除を行なうために鳥獣保護の捕獲許可を受けている業者であれば、この手間が省けます。あまり期間を掛けずにハクビシン駆除を完了したいのであれば、業者への依頼がおすすめです。