ハクビシン駆除のことならプロにお任せ!スマートに解決

身軽さを活かして侵入

白鼻芯

ハクビシンというのは、ネコ目ジャッコウネコ科に分類される動物で、全体的に約60センチ位の身体をしているというのが特徴です。鼻から頭に向けて特徴的な白い線が通っていますので、一度外見を見た事がある方なら容易に見分けることが可能でしょう。ネコ科なのですが外見的にはイタチに似ていると言われています。

ハクビシンは普段森林などのエリアに生息しているのですが、人間の生活エリアが森林などに近づくにつれて、集落や普通の住宅などにも出没が確認されるようになってきました。ハクビシンはとてもすばしっこい特性を持っていて、人間の生活エリアに存在する電線の上などを身軽に移動することもあります。また、それだけではなくて、住宅の屋根や内部にまでハクビシンは進入することがあるというのもポイントです。ハクビシンに屋根裏などに入り込まれると少々厄介だと言えますよ。何故なら、ハクビシンが侵入すると屋根裏で暴れる、または糞尿被害をもたらすこともあるからなのです。一度糞をされてしまうと、中々その染みや匂いというのは取りづらくて処理に苦労するかと思われます。そういった事態の発生を防ぐためにも、ハクビシンを見つけたらなるべく早めにプロに依頼して駆除を行なってもらうと良いかもしれません。ハクビシンは動物保護法で守られている存在でもあるので、自分でハクビシン駆除を行なうと法に咎められてしまうかも知れません。その為、確実にハクビシン駆除を実行したいという方はプロに任せるのが一番なのです。